医学的な治療効果とは別に、長期にわたるAGAの治療

医学的な治療効果とは別に、長期にわたるAGAの治療では頭皮のマッサージが有効ですから、やり方を知っておいて損はありません。的確なマッサージによる刺激で体とつながる頸部や毛根のある頭皮の状態が改善され、通院で行われる治療の効果が出やすくなるのです。人にやってもらうのも可能ですが毎日自分で続ければ血液の循環が良くなり、髪の根元の皮脂や古い角質等が軽いシャンプーで落とせるようになるので、洗髪が与えるストレスも減らすことができます。女性の間でも、時に話題になるのが薄毛についての悩みです。その際に紹介されたのがM−1ミストという名の商品だったのです。現実に使ってみると、無香料なので臭いが気にならず、自然成分で作成された育毛剤と言う事なので心配することなく使っています。
少し髪の毛の質感が増してきたような気もするので、この商品を使い続けて様子見をしようと考えています。
シャンプー後の髪の毛の乾かし方は、頭皮環境を整えて丈夫な髪の毛を作るためには重要です。
第一に、自然乾燥はやめてドライヤーを使って充分に乾かしてあげる方が髪のためになります。洗った後の髪の毛はキューティクルが開いていて、自然乾燥では長時間そのままになってしまうので、キューティクルのすき間から髪の毛の水分が抜けてしまいます。
それと、シャンプー後に育毛剤を使用する際には洗髪してドライヤーで乾燥させた後から使用しなければ、ドライヤーの熱によって育毛剤のせっかくの成分が揮発してしまう可能性があるため、髪の毛を乾燥させた後に塗布しましょう。
寝ている間、人は成長ホルモンを分泌しています。これは名前そのままに、諸々の身体の部分の生育の促進、あるいは修復を行う働きをするホルモンです。髪も身体の部分に含まれますから、成長ホルモンの分泌は育毛を考える時にも肝心でしょう。22時から翌2時は成長ホルモンが最も大量に分泌されるゴールデンタイムと呼ばれる時間帯なので、この時間帯には寝つけるようなライフスタイルでいられると望ましいでしょう。頑丈で健康な髪の毛をたくさん生やすためには、今より頭皮環境をよくすることと、育毛治療を並行することが大変重要になってきます。全身はもちろん、頭皮の血液の流れが改善されると、栄養素が髪の毛を作っていく毛母細胞へしっかりと浸透することになるのです。
入浴中に頭皮のマッサージをやることは大切ですが、どんなことでもやり過ぎはいけません。痛みを強く感じるほど力まかせに行ったり、入念過ぎるほどにマッサージを行うことは頭皮にとっては逆効果になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です