肺がんのリスクを高めるタバコですが、これは薄毛や抜け

肺がんのリスクを高めるタバコですが、これは薄毛や抜け毛の原因とも言われています。タバコのニコチンは体内の血管を細くしてしまう作用が認められてます。血行が悪くなれば高血圧になりますから、頭皮への血液量が下がり、頭皮環境が悪化します。
頭皮の状態が悪ければ、毛母細胞の細胞分裂が上手くいかなくなるので、育毛が上手くいかなくなります。
育毛に取り組むのであれば、禁煙するようにしてください。頭皮マッサージが髪の毛にいいといわれていますが、これは事実なのでしょうか?これは真実ですので実践した方がいいです。
さすったり揉んだりすることで凝り固まった頭皮を柔らかくし、血行をよくすることができます。血行が改善されると必要な栄養を頭皮に送ることができ、髪の毛が生えやすい状態を整えることができるのです。
生活の質を向上させることは、ダイレクトに髪の悩みを解消することは無くても、育毛には有益なことです。
例えば、人間の体は眠っている時が最も新陳代謝を活発に行うので、眠りが浅ければ毛母細胞の新陳代謝が上手くいかなくなり、髪の毛の成長が阻害されます。それに、慢性的な運動不足は全身の血行不良と新陳代謝の低下のリスクがあり、抜け毛や薄毛を進行させる可能性があります。血行の悪化が髪に関係する理由は、毛髪が成長するために必要な栄養が、頭皮に行き渡らなくなるからです。
AGAの治療は保険適用外ですが、負担を軽減する方法として、確定申告の医療費控除という手があります。
1月から12月までの間の医療費が10万円超あれば、たとえば年間12万円なら10万を引いた2万円が確定申告時の医療費控除となります。
確定申告していてAGA治療費を控除しないのは非常に勿体ない話です。
10万円を超えるのはAGAの治療費だけでは無理でも、ひとつの世帯内での医療費の年額が総額10万円超であれば控除対象です。さらに頭痛薬などドラッグストアで買える市販薬なども控除対象ですから、領収証は捨てないことです。イソフラボンは大豆に含まれていることで有名で、女性ホルモンと同様に機能することが可能で、必要以上に男性ホルモンが分泌されないようにする作用を持つのです。
男性型脱毛症、いわゆるAGAは男性ホルモンが薄毛の引き金になる成分に変質することによって症状が出てくるので、必要以上に男性ホルモンを分泌させないことは育毛効果へと繋がっていくわけです。大豆から出来ている製品の中でも、栄養素が身体の中に入りやすい液体状の豆乳は、体内にイソフラボンを取り込みやすい食べ物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です